もしもの時のためにがん保険をそなえよう

死亡率トップの恐ろしい病であるにもかかわらず、がん保険の加入者は生命保険加入者のうち全体の3割にしか過ぎません。
医学の進歩により、がんは決して治せない病気ではなくなったとは言え、治療をするにあたりどうしても経済面がネックとなります。そこで大きな味方になるものが、がん保険です。この保険がいかに必要性があるのかを紹介します。

私たちが病気になったとき、治療に対する公的補助の給付金として、高額療養費制度や小児慢性疾患医療助成費制度、傷病手当金などといった支援を受けることができます。しかし、これらの制度は一定の額しか支給されません。

がんを患った場合、これらのような制度を利用しても入院中の食事や差額ベットはもちろんのこと、最先端医療の治療を受ける場合には高額な治療費、さらに入院が長引けば長引くほど支払いが加算されていきます。そのような場合にカバーしてくれるのが、がん保険なのです。
経済的な不安を感じることなく、生活のための一時金、治療の保障、入院までこのがん保険が大きな役割を果たしてくれます。

がんは誰しも患う可能性のある病です。また、長期な治療が必要になります。もしもの時のために、がん保険に加入することをお勧めします。