医療保険と一緒にがん保険に加入する人が増えてます

医療保険に入っていればがんになっても保険は出ると思っている方も多いかもしれません。もちろん入院や通院の対象になる期間は支払われますが、補償される期間が限られています。長期間の治療費が高額になると高額療養費制度の申請が出来ますが、先進医療は健康保険等が適用されないため高額療養費制度の対象にはなりません。

しかしがんと告知をされた段階で給付金を受け取る事が出来るがん保険に加入しておけば、この問題は解決されます。がん保険は健康な状態でないと加入する事が出来ませんし、加入して3ケ月は待機期間でこの間にがんと告知されても保険対象ではありませんので早めに加入が必要です。

がんに絶対ならないと断言できない現代の生活環境では、お守りのつもりで加入する人も増えています。社会人になり、生命保険や医療保険に加入する機会に一緒に加入される人も同じく増えています。医療保険や生命保険も30代で加入するより20代で加入する方が月額保険料が少なくて済みます。この時に保険料が低いうちにがん保険にも同時に加入しておくのも一つの方法です。

がん保険も保険会社やプランがたくさんあります。内容もプランによって異なりますので、資料を取り寄せて不明な事は必ず確認して補償内容、保証期間、保険料など人生プランとがん保険を結び付け良く考えてから加入する事をおすすめします。