がん保険への加入を考えよう

がん保険への加入を考えよう

がん保険への加入を考えよう 現在の日本人の死因は、がんがトップになっています。10人のうち約3人が、がんで亡くなっているのです。また、生涯のうちにがんと診断される人は、男性で約6割、女性で約4割の人に上ります。このように、がんは現在の日本人にとって身近な病気といえます。そんながんにかかってしまったとき、心配になるのが高額な医療費です。

病気やケガのときにお金を受け取れる保険として医療保険があります。もちろんがんも医療保険がカバーする病気に含まれます。しかし、医療保険では保障される入院期間に制限があるなど、十分な保障があるとはいえません。

そこで、がん保険を検討しましょう。がん保険では、まずがんと診断された段階で診断給付金が支払われます。さらに、入院給付金の支払いに期間の制限がありません。また、会社によってはがん治療目的の通院に通院給付金が支払われます。

このようにがん保険は、治療費が高額になり、治療期間も長くなることが多いがん治療をしっかり保障するものといえます。ただし、保険に加入してから90日間という待機期間が定められており、この期間にがんと診断された場合保険は無効となりますので気をつけましょう。

費用の心配をせずにがん治療を受けられるよう、がん保険の加入を検討してみましょう。

最新のお知らせ

  • [2017年02月24日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月24日]
    運営者情報を追加しました。